男性は、女性に比べるとわきがのニオイが強い!?
そもそもわきがの原因はアポクリン汗腺から出る汗ですが、男女共アポクリン汗腺の集まる体の部位は同じです。
では、どうして男性の方がニオイを強く感じるというイメージが付いているのでしょうか!?

 

男性が、わきがのニオイを強くしている理由には

 

女性の方が嗅覚が鋭くニオイに敏感なことから、早めの予防や消臭対策を行える

男性は、女性に比べニオイに気が付きにくいため、ケアやわきが対策が遅れてしまいニオイが強くなる傾向にあります。
さらに、常にわきがのニオイに晒されている状態の嗅覚は、ニオイに慣れてしまい自覚できず、対処が遅れニオイを強くする原因です。

 

男性は、皮脂腺が発達しているため、皮脂とわきがのニオイが混ざり合いニオイを強くしている

男性は、女性に比べ皮脂腺が活発です。
実は、女性の約2倍もの皮脂を男性は分泌していて、皮膚に付く常在菌の数が多い傾向にあります。
主に、男性ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になると言われていて、
皮脂のニオイは、時間が経つと酸化し、古くなった油のようなニオイに似ています。
厄介なのは、皮脂は、ベトついていて、蒸発しづらいことから菌がたくさん繁殖してしまいニオイを強くします。

 

男性は年齢によってもニオイの出る部位、種類が違います

男性は、年齢によってニオイを出す体の部位やニオイの種類が違うため、その時々に合ったわきが対策を行う必要があります。

 


【思春期頃から20代男性】
思春期頃から20代男性は、体の中の脇部分から臭う汗臭が強いため、最もわきがのニオイが強烈な時期です。
しかも男性ホルモンが活発に活動するピークといわれている時期なので当然、皮脂も多く分泌され、それをエサに菌がたくさん繁殖し、わきがのニオイを強くします。
この年代の男性は、脇部分を集中的にケアすることが重要です。

 

【30代から50代男性】
30代から50代の男性は、脇が臭う汗臭はやや軽減してきます。
この年代になると、わきがのニオイは徐々に弱くなりますが、新たに後頭部、頭頂部、首周辺から臭うミドル臭を発生させます。
主な原因は、「ジアセチル」という成分が汗に含まれる乳酸をエサに常在菌(ブドウ球菌)が分解してニオイを発生させます。
ミドル臭は、古くなった油やロウソクのようなニオイに似ています。
脂質の多い食事や不規則な生活、ストレス、運動不足、野菜不足などの原因でミドル臭はニオイを強くする傾向にあります。

 

【50代以降の男性】
この年代になると、20代から40代に比べ汗の分泌や男性ホルモンが抑えられることから、わきがのニオイはかなり軽減されます。
しかし、わきがのニオイが軽減して安心はできません。
というのも50代を栄に加齢臭というわきがとは違うニオイを出すようになるためです。
加齢臭は、体の背を中心に、主に中年頃からニオイを発生する傾向にあります。
加齢臭とは「ノネナール」という物質がニオイの原因です。
ノネナールは皮脂腺から分泌される脂肪酸(パルミトオレイン酸)や過酸化脂質が酸化分解されることでニオイを発生させます。
ミドル臭同様、生活習慣が原因でニオイを強くする傾向にあり、60代頃をピークにノネナールは減少していくため、次第にニオイは軽減します。

 

男性年代別 わきが対策について

わきがのニオイの原因となるアポクリン汗腺は、男性ホルモンの分泌と深く関わりがあります。
男性ホルモンは、思春期頃から分泌をし始めますが同じころアポクリン汗腺も活発になることが多いようです。

 

従って20代から30代ころまでは、脇を中心とするケアをすることが重要です。
わきがのニオイは、アポクリン汗腺に含まれるタンパク質や脂質を好むコリネバクテリウム属の菌がニオイの原因です。
わきが対策には、原因となる菌をしっかり殺菌し増やさないケアを行いましょう。

 

除毛(腋毛を剃る)とニオイの元となる菌の繁殖を抑制できます。
男性の除毛に抵抗のある方もいらっしゃると思うので無理にとは言いませんがニオイの強さにからり差が出るのは事実です。
抵抗のない方にはおすすめなので一度試してみてください。

 

わきがのニオイの原因となるコリネバクテリウムを発生させないためには、

コリネバクテリウム属の菌は、「イソプロピルメチルフェノール」を使い殺菌する

「パラフェノールスルホン酸亜鉛」を使い原因となる汗を抑える

ことが最もわきがのニオイを抑える効果的な対策です。
20代男性から30代男性は、イソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛を配合されているデオドラント製品を脇に塗り上手く活用することがニオイを防ぐポイントです。

 

イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛の配合されているデオドラント製品

 

30代から40代の男性は、ホルモンの分泌が軽減されることでわきがのニオイも20代より軽くなります。
しかし油断は出来ません。
というのも、アポクリン汗腺の分泌時期に変わりはなく、まだわきがのニオイを発生させています。

 

30代から40代の方は、続けて脇のケアをしっかり行う必要があります。
しかもこの年代になるとわきがのニオイに加え、頭部から臭うミドル臭というニオイを発生させる時期に入ります。
ミドル臭は主に、皮脂に含まれる乳酸が多くなることでニオイを強くさせます。

 

ミドル臭を抑えるためには、乳酸を抑える食物繊維、オリゴ糖を多い含まれる食物を摂取し腸内環境を整えることや、クエン酸の多く含まれる梅干やお酢を摂ることも予防になります。

 

ニオイの発生源となる頭皮の毛穴を清潔に保つことは基本的なケアです。
ポイントは、頭皮のニオイの原因となる皮脂を落とし菌を防ぐことです。
シャンプーする際は、お湯をしっかり毛穴まで届かせ頭皮全体の汚れを十分洗い流してからシャンプーを付けて洗うようにしてください。
泡立ちが悪い場合は、頭皮に付いている皮脂が多いのが原因なので2度洗いし、しっかり皮脂を洗い流しましょう。

 

50代以降の男性は、わきがのニオイのする脇や頭皮からのニオイより体広範囲から臭う加齢臭が強くなる傾向にあります。
体に付着した皮脂を洗い落とすことはもちろん大切ですが、毎日の食事の見直しや運動不足を解消することでニオイの原因となるノネナールを増やさないようにしましょう。

 

cleaneoクリアネオ

 

 

クリアネオは、わきがの原因となる要素を徹底解消してくれるデオドラントクリームです。
脇以外にも、陰部のわきがと言われるすそわきがや足のニオイのする部位へ使うことが可能。

クリアネオに配合成分イソプロピルメチルフェノールは、99.99%の菌を殺菌!プラス消臭成分として評価の高い柿渋エキスを配合することで汗とニオイを抑えます。
クリアネオは、撥水効果が高いので簡単に皮膚から剥がれ落ちないので、効果を長時間持続できるのは最大のメリットです。

 

実際にクリアネオを使用ました。

実際にニオイセンサーを使って消臭力を検証しました。未使用381シートで脇汗を拭き取り使用4時間後160

 

有効成分 イソプロピルメチルフェノール パラフェノールスルホン酸亜鉛 柿タンニン
価格/内容量 定期便4,980円/30g
総合評価

 

 

クリアネオボディーソープ

 

わきがや体臭は原因となる菌を綺麗に洗い流し菌を寄せ付けないクリアネオボディーソープがオススメ!

 

わきがや加齢臭をの強いニオイを徹底的に除去し脂っぽいニオイと汗をきちんと洗浄してくれます。
テクスチャは、柔らかくキメ細やかな泡で、毛穴の奥の隅々の汚れまで吸着して洗い落とします。

クリアネオボディーソープは、十分な洗浄力に加え、きちんと保湿成分を配合してあるので、肌が乾燥せず、ほどよく潤いを保つのは最大のメリット。
刺激の少ないカキタンニンという植物性洗浄成分を配合しているので皮膚にダメージを与える心配は要りません。
ニオイの気になる頭部、耳の後ろ首元、背中を重点的に洗うことで消臭力が増します。
気になる洗い上がりのニオイは、男女が好む爽やで清潔感のあるユーカリの香りです。

 

●通常価格1本送料660円 価格3,480円
●1本定期便なら送料660円3,480円価格2,480円
●クリアネオデオドラントクリームと定期セットで購入すると送料660円8,800円送料無料価格6,980円

 

デオナチュレさらさらデオドラントパウダー

皮脂の多い部位に使うことで気になるベトつきとニオイを抑えます。
デオナチュレデオドラントパウダーは、愛用者の多い人気デオドラントパウダーです。
デオドラントクリームの上へ付けるだけで消臭力が増す上、サラっと心地よい質感になるので気持ちよく過ごせます。
使い方は簡単。汗の多い部分へお出かけ前やお風呂上がりに付けるだけ。
付けた部分は白くなるので外出前の使用には、見えない部分のみへ使うのがおすすめです。

 

実際に使用した写真↓

ドラックストアやアマゾンなどネットから購入できます。
価格は販売店によって違います。
ちなみに私は、ドラックストアで1,706円で購入しました。