わきが手術の種類は、大きく分けると2パターンあります。

 

メスで切開する手術

医師が直接見ながらメスで切開する直視下手術法

 

機械による手術

機械を使用する非直視下手術

 

どちらも原因となるアポクリン腺へ直接アプローチするため効果が高いのが特徴です。

 

剪除法(メスで切開する手術)

剪除法とは、原因となるアポクリン腺の存在する部分をメスで3〜5cm切開して皮膚を裏返しアポクリン腺を除去していく手術方法です。
直接アポクリン腺を取り除くため効果が高のが特徴です。

 

医療機関によっては保険が適用する場合があり、その場合の費用は3割負担で済み、両脇で35000円位の手術代+検査処置料、合計50000円前後で手術が受けられます。

 

保険が適応される条件
●保険診療可能な医療機関
●わきがの症状を医師が保険適応と認めた場合

 

保険適応可能な医療機関でも医師が保険適応と認めないと保険適応外になります。
判断基準は医師次第となるため、Aの医療機関では保険適応とされなくてもBの医療機関では保険が適応されるケースがあるので自前にしっかり説明を受けましょう。

 

術後の痛みには個人差がありますが、最低でも数日間の安静が必要です。
傷あとが残ることや数日間痛むというデメリットや、医師の技術不足からアポクリン腺を取り残し再発するケースがあります。

 

※失敗を防ぐためには、手術した部位の写真を確認できる医療機関かどうか事前に聞きしっかりカウンセリングを受け、トラブルを防止しましょう。

 

超音波手術方法(機械による治療)

 

超音波手術は、マイクロウェ-ブ(極超短波)によて電気双極子を振動させて熱を生じさせ、その熱を利用して汗腺組織を破壊する治療法です。

 

わきがの原因となるアポクリン腺とエクリン腺両方の汗腺を破壊するので、わきがのニオイ+多いわき汗への効果を期待できます。
現在では、およそ70〜90%の汗腺を消滅できると考えられています。

 

基本的には1回の治療となりますが、必要に応じて2回目を追加して治療する場合があります。
超音波手術は切開線が小さいため、傷後が残りにくいというメリットがあります。
切開手術に比べ、身体への負担が軽減できますし、アフターケアが少なく済みます。

 

費用については、自由診療の場合1回目の治療で平均30万前後。
剪除法同様、保険を適応しているクリニックもありますが、保険の適応は、症状を診てからの判断になります。

 

超音波手術方法は半永久的な治療法と言われていますが、この治療法は、ここ数年前から実施されているので10年20年後まで効果があるのかについては未だ経過していないのでわかりません。
しかし一度破壊された汗腺類は再生の可能性がないと言われているため、術後再発する可能性が低い手術方法です。

 

超音波手術方法について詳しく解説しているページです。


わきが手術について

 

[わきがのメカニズム] 汗がニオイの原因と言われても、汗って誰もが出るものです。 なので誰でも独特なわきがのニオイがするのって思うかもしれませんが、実は、脇から出る汗には、二オいにくい汗と、二オいやすい汗があります…続きを読む
[わきが体質チェック!] わきが体質の可能性の有無については、いくつものサインが出ていることが多いので比較的、発見しやすい特徴がありますが、実は、ほんの一分程度で、自分がわきがかどうかを知る方法があるんです…続きを読む

 

[わきがのニオイを抑える生活習慣とは!?] 効果的だと思っていたケアが、実は逆効果になっていて、わきがを悪化させているケースも少なくありません。 ニオイを抑える方法は然程難しいことではなく、少し見直すだけで…続きを読む
[プールや海に行く時のニオイ対策] え!?わきがのニオイを消す!?プールの独特なニオイの原因は塩素(カルキ)ということは皆さんご存知だと思いますが、その塩素は何のために入れているか知っていますか!? 答えは…続きを読む