肌にやさしいと書いてある”さらさらパウダーシート”を使ってみました。

 

昭和紙工株式会社から販売されているさらさらパウダーシート50枚入りを購入しました。
個人的には、あまり聞いたことのない販売元ですが、調べてみるとベビー用お尻ふきシートを始めとする用途に合わせて様々なシートを製造販売されている会社のようです。

 

さらさらパウダーシートの特徴

 

シートは50枚も入って確か、300円くらいだったと思います。
香りは、フレッシュシトラスとせっけんの香りの2種類。
せっけんの香りのタイプは甘い香りで、拭き取った後の肌にしばらく香りが残ります。
フレッシュシトラスの香りのシートは、男性でも使うことのできそうな柑橘系の爽やかな香りです。
個人的には、肌に香りがあまり残らないフレッシュシトラスの香りの方が好み。

 

 

シートの大きさは、20×15cm
一般的な女性用デオドラントシートによくあるサイズで両脇拭き取るサイズとしては充分足ります。
パッケージには、「ふんわり厚手シート」と書いてあるのですが、格別ふんわりしている感じではなくオーソドックスなメッシュ素材のシートです。

 

 

シートで拭き取った箇所を見てわかるようにパウダーが肌に残ることはありませんでした。
また、アルコールやエタノールの配合が少ないのか、ツーンとアルコールのニオイがしたり、拭き取った部分がヒリヒリしたりといった違和感を感じません。

 

パッケージに書いてありますが、確かに肌にやさしい特徴のあるシートのようです。

 

ただ、パウダーシートなのにパウダーが含まられいる感じがほとんどしない。
大抵のパウダーシートを使うとザラつきを感じたり、乾くとさらさらというか粉っぽさが残るんですが、一切パウダー感がないので、拭き取った後でもベト付きが気になるかもしれません。

 

乾燥肌で余分な水分を奪われたくないというような人には、しっとりするので相性が良いと思います。

 

汗のニオイはもちろん、わきがのニオイを消臭するために使うこともできました。

 

実際に脇汗を拭き取ると、汗臭さやわきがのニオイはほとんど取れます。
しかし殺菌力が弱いので、短時間でわきがのニオイが出始めました。(汗)

 

強い殺菌力のあるシートは、アルコール量が多く肌を傷める可能性が高いという欠点があるので、正直どちらが良いとは言えませんが、日頃ギャツビーなどのエタノールが強く感じるシートを使っている方には物足りないかもしれません。

 

私的な感想ですが、頻繁にシートを使用する方や、肌が敏感で弱い方には、このくらいの殺菌力のシートの方がダメージを受けにくいのでお勧めだと思います。