「あそこが臭い…」
その症状もしかするとすそわきがかもしれません。

 

すそわきがとは、デリケートゾーンにあるアポクリン汗腺から出る汗が原因で、ツンとしたわきがと似たようなニオイを発する症状のことを言います。
このページでは自宅で簡単にできる「すそわきがチェック方法」について紹介しています。

 

 

チェック項目の内、一つ以上当てはまる場合、すそわきがの可能性があります。

 

あくまで自己診断による判断ですので、必ずしもすそわきがというわけではありませんが、どのチェック項目もすそわきがの方に出やすいサインです。

 

すそわきがチェックの各項目について簡単に解説します。

 

耳垢が粘りがありいつも湿っている

すそわきがの可能性を探るには耳垢の質を見ることで確認できます。
通常耳垢はカサカサした状態が一般的ですが、湿っていたり粘り気がある状態は、耳内部のアポクリン汗腺が発達し、分泌することが原因で起こります。

 

パンツや下着に黄色のシミがつくことがある

通常の汗(エクリン汗腺の汗)は無色透明で1日位では変色しません。
しかし、すそわきが(アポクリン汗腺の汗)の人の汗は、白濁色で時間が経つとリポフスチンと呼ばれる色素物質が含まれているため黄色くなる傾向にあります。

 

両親又は父か母どちらかの親がわきが体質の場合

元々すそわきがの原因となるアポクリン汗腺のある人は、生まれたときから持っています。
アポクリン汗腺は、親から子への遺伝的要因で存在します。
両親2人共がわきが体質の場合80%の子供が遺伝し、どちらか片方の親がわきが体質の場合50%の確率でアポクリン汗腺を遺伝することがわかっています。

 

パートナーや家族にニオイを指摘された

陰部から発するすそわきがのニオイは下着に覆われていて自分では気が付きにくい部分です。また、常に同じニオイに晒されていると嗅覚は慣れてしまいニオイを感じにくい特徴があります。
その点パートナーや家族は、常にすそわきがのニオイを嗅いでいるわけではないので、違和感のあるニオイに気付きやすくなります。
しかし、一概にそれがすそわきがのニオイとは限りませんが、ネギや古くなった洗濯バサミ、クミン、チリパウダーのようなニオイと言われた場合は、すそわきが特有のニオイなので判別しやすいです。

 

乳首や脇からも臭う

アポクリン汗腺は主に、毛の生える脇や陰部に集中していますが、他にも乳首やへそ周りといった体の部位にも存在する特徴を持っています。
従って、乳首が臭うイコール陰部周辺も臭う可能性が高くなります。
しかも、わきが独特のニオイを確認できる場合、アポクリン汗腺は、既に活発になっていて分泌物を排出しているということです。
女性の場合、ブラジャー内側の乳首が触れている部分のニオイを嗅ぐと、明らかに酸っぱい汗のニオイとは違うわきが特有のニオイがします。
男性の場合は肌着の乳首の触れるあたりへニオイが付くのでニオイを嗅ぐと自覚できます。

 

陰部周辺の毛が太く濃い

陰部周辺とは、VIOラインと呼ぶ毛の生える部分のことです。
VIOラインの毛1本1本が太い場合や、一つの毛穴から数本毛が生えていたり、毛の生える範囲が広いといった方はアポクリン汗腺の数が多い傾向にあります。
従って陰毛が太く濃くなるほどすそわきがの傾向にあると言えます。

 

まとめ

 

冒頭にも書きましたが、すそわきがチェックはあくまで、ご自分で簡単に出来る自己診断に過ぎません。
あまりにも気にしすぎて、実際は臭っていないのに思い込みから、「自臭症」になる場合があるので注意する必要があります。
確かに6つのチェック項目は、すそわきが体質の人に出るサインです。
しかし、確実に知るためには、専門の医療機関で診断する他ありません。
思い悩みすぎないよう、どうしても不安な方は、一人で悩まず専門医へ相談することも大切です。

 

長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

すそわきがのニオイは適切なケア方法を行うことも大切です。是非合わせて「簡単にできるすそわきが対策」についてを読んでみてくださいね。

関連記事

 

すそわきが対策方法について


すそわきがは手術できるの!?すそわきがの人は市販のデオドラントを使えない!?・・・続きを読む